風越建設の取り組み

安心を形に創造する企業、
風越建設

風越建設株式会社は『安心を形に創造する企業』をモットーに、
人々が自然と共存し安心して暮らせる社会を創る役割と責任を担います。
自らの企業ビジョンに基づき、環境負荷の低減に努めて人と自然にやさしい環境を保ち、
お客様と社会のニーズを的確に捉えて信頼と満足を得る製品とサービスを提供し、
もっとより良い社会環境の創造に邁進し社会に貢献します。

社会的責任を果たす企業としての歩み

2000年12月の品質保証規格である「ISO 9001」取得に続き、2008年5月には環境保護規格である「ISO 14001」を取得。

製品=建築物品質にとどまらず「企業品質」のさらなる向上を追求し続け、お客様の信頼、安心のもと、ご希望を確固としたカタチに結実させるお手伝いをしていいます。

安全への取り組み

安全への取り組み 安全への取り組み

安全パトロール

毎月1回、風越建設社員と各協力会社の方と共に施工中の現場への定例安全パトロールを行い、定例のパトロールでは、毎月10現場程度、残りの現場については安全環境部の方でパトロールを行っております。また、若手社員も積極的に同行させ、建設現場における安全教育も同時に行っております。

安全衛生協議会

毎月1回、社長以下、各担当者が集まり、安全に関する協議を行っております。安全パトロールの報告や災害の分析・予防策の検討、社員同士の意見交換などを行い、社として安全第一に取り組んでおります。
安全大会 安全大会

安全大会

毎年6月に、社員・協力会社・関係者が参加する安全大会を実施しております。安全に関する報告や、安全活動において大きく貢献した社員や協力会社への表彰を行っております。社員と協力会社が一丸となって、安全に取り組むための大会となっております。

環境や地域への取り組み

照明器具1灯化

空調機温度設定と節電節水の実践に続き、本社内の蛍光灯照明器具の「高効率反射板取付」工事を行い、1台2灯器具を1灯化とし消費電力の大幅削減を実現しました。

「ヨコハマ3R夢」への取り組み

横浜市のごみ減量化への取組は「G30プラン」(ごみ量30%削減)に始まり、現在では、リデュース(制御)、リユース(再使用)、リサイクル(再生)を基本とする「ヨコハマ3R夢プラン」に引き継がれ、市民事業者行政による取組が進められています。 横浜建設業協会と連携し弊社の建設現場でも建設廃棄物の減量化、資源化に取組を行っています

地域貢献

地域に貢献できる会社を目指し、地元横浜でも多くの建物を作っております。横浜を代表する商業地の1つの元町商店街でも施工協力という形で繋がりを持てました事に感謝いたします。
TOPに戻る