会社情報|ご挨拶

風越建設は、1985年の創業以来、「アメニティ&スペース」をキーワードに、さまざまな事業を推進してまいりました。ちなみに、風越建設の命名の由来は、創業者の出身地である長野県飯田市の名山“風越山”にあります。夢と心を風に乗せ、難局を越えていくという意味をこめ、こう名づけました。当初は工場や店舗の改修から始まり、次第に信頼を勝ち取りながら順調に成長し、この間、大企業工事における品質管理、安全管理、コスト管理に対する厳しさを学びつつ、今日では幅広い事業を展開する中堅総合建設会社としての地歩を築いております。

当社の理念は「夢と希望の持てる企業であり続けること」です。そのために、実力主義を取り入れ資格取得を推進する報酬制度を導入し、やる気の生まれる企業風土を構築する一助となっています。この精神は、今日にも継承され、社員の約8割が技術者であるという技術優位の社風を築いています。

また、当社が開発した新工法「風越スリム免震工法」(特許公開中)は、ローコストで先進的な免震技術をマンションや一般住宅にも普及させることにより、社会に貢献することを願っております。当社の新事業である「F・PACシリーズ」は、土地活用をお考えの方に高利回り賃貸マンションをローコストでご提供いたします。

さらに、今まで蓄積してきた技術で古い建物をより良い環境に即した建物へと蘇らせるリノベーション事業をおし進めることにより、お客様の資産価値および当社の企業価値の向上を図ってまいります。

2015年に創業30周年を迎え、当社の目標は、次の2020年に向け大きく「チェンジ」します。より変化に適合できる企業として、次世代の低炭素社会の実現に向け、太陽光発電等のエコ化への取り組みを積極的に進め、地元のトップ企業としてさらに愛され親しまれる優良企業をめざしております。その目標を達成するため、「情熱とパワー・発想の転換」を軸とした新しい体制をスタートさせました。これからもお客様のニーズに応えるべく、たゆまぬ挑戦を続けてまいります。今後とも一層のご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

Copyright © 2017 Fuetsu Construction Co., Ltd. All Right Reserved.